NIKE+ KINECT TRAINING で遊ぶ。

2012年11月28日 コメントを残す

 

NIKE+ KINECT TRAININGは、XBOX360のKinectを利用して、体の動きを細かく計測しながらトレーニングを継続するというゲームトレーニンググッズです。今回はこのストイックなソフトで遊びましたので、まだトレーニング効果は出ていないところではありますが、レポートいたします。

 

NIKE+ KINECT TRAININGでは、パーソナルトレーナーが自分に合わせてトレーニング内容を組立て、トレーニングをサポートしてくれます。トレーナーは男性・女性の二名から選ぶことが出来ます。自分はとりあえず女性のマリー・パーヴィスさんをご指名しました。たまに映像でも出てきてくれるようですが、3Dの彼女は微妙な感じです。でもすぐに気にならなくなりました。トレーニングが始まるといちいち顔なんか見ている余裕はなく。

パーソナルトレーナーを選ぶと、まずは自分の運動能力の計測です。このトレーニングでは、NIKEではおなじみのNIKEFUELという、独自の運動量指標をもって、運動能力を計測してくれます。それには、体の柔軟性や関節の可動域に関する指標と、瞬発力や筋肉量に関する指標の2種類があります。それらをそれぞれ計測するために、10種類くらいのエクササイズを通してやらされます。

計測やトレーニングの中では、画面上にトレーナーが表示され、自分の立体的なシルエットがその隣に表示されますので、同じ動きをまねしてやっていきます。関節の位置やひねり方、足の上げ方が足りないと容赦なく指摘が入りますが、正しい姿勢でトレーニングできるという点で、非常によくできています。例えばスクワットや腕立て伏せ、腿あげスプリントなど、姿勢をきちんと正されながら、それぞれは短時間あるいは決められた回数を、規則正しく繰り返していきます。きちんとやってみると、それだけの回数でもかなり体に来ている、つまり効果が出ているのが実感できます。

Kinectをジェスチャー操作の手段ではなく、こういったフィットネスの手段として利用しているソフトとしては、ユアシェイプフィットネスというシリーズが既にありますが、あちらがどちらかというとあくまで「楽しく」フィットネスするのに対して、NIKE+の方は、はっきり言ってストイックです。ゲームとしての楽しみのようなものは全くなく、真剣に、日々繰り返してトレーニングするためのツールと考える方が近いです。インストラクターが登場するようなトレーニングDVD等のような商品も世の中にはありますが、あれをより実践的に、個人の状態に合わせてプログラムをカスタマイズしてくれながら、効率的にトレーニングを継続させられるようになっています。

自分の計測データを基に、脂肪燃焼をしたいのか、積極的に筋肉をつけたいのかなどを選ぶと、それに応じてカスタムしたトレーニングメニューを組んでくれます。「そんなに厳しくなくても良いのだけれど・・」と思いますが、このトレーニングを4週間一ヵ月続けることで、効果が実感できる・・と言っています。まだそこまでできていないので、実際、そこまで効果が出るのかわかりませんが、けっこうちゃんとした内容です。

毎週決まった曜日にできるように、予定の曜日も聞いてきます。もし出来なくても、違う日にその分出来るとのこと。うん、なんだか追い込まれている気がします。

 

まだ自分は基礎的なトレーニングを始めたばかりですが、きちんとトレーナーをつけてやったこともなく、自分の弱いところをきちんとフォローしてくれるようになってくれているようで、確実に体には効いているようです。NIKE+ KINECT TRAININGを始めてから、ずっとふくらはぎが筋肉痛です。

 

KINECTでせっかくだから遊ぶだけじゃなく、まじめに使いたい、という方にはお勧めです。でも根性が必要です。

カテゴリー:ゲーム, Game, Microsoft タグ:

Amazon Kindle Paperwhiteの雑感など。

2012年11月20日 コメントを残す

 

Kindle Paperwhiteが届きましたので、開封の儀を併せまして、簡単にレビューします。

IMGP5251

まず、箱の中にはKindle Paperwhite本体とUSBケーブル、説明書冊子、ライセンスや仕様規約冊子の4つが含まれています。冊子類は多国語で、日本語のページも用意されていますが、説明書の内容はUSB端子と電源ボタンの位置を解説するような、ごくシンプルなものです。

IMGP5252

USBケーブルは、最近のスマートフォンでは一般的なUSBmicroB端子(小さな平べったい台形コネクタ)です。なお、この製品は電源アダプタは別売りです。とはいえ、USBなのでPCで充電するもよし、他のスマートフォンと共用するもよしなので、自分は購入していません。

IMGP5254

本体はごくシンプル。実は、箱を開封した時点で、電源ボタンの位置を示す表示が画面には出ていました。よく、画面にその手の案内のセロファンが張ってあるデバイスもありますが、このあたりは、メモリー液晶の面白い使い方ですね。

IMGP5261

裏側。青くなっちゃいましたが、真っ黒のマットなラバーっぽい質感です。ちなみに入力電源が500mAと表記がありますので、USB2.0や、モバイルバッテリー等の出力電流の低いUSB端子でも、充電は問題なさそうです。3Gモデルは、この裏側表記の最下部に、ひっそりと3Gと書いてあるようです。また、amazonマークの下に、ちゃんと日本の技適マークも付いています。電波法はきちんと守りましょう。

IMGP5260

左手で持ってみたところ。重さも気にならない程度。昔のガラケー開発で、体積のCCと重さgがイコールな水と同じ感覚くらいが持った時に違和感なくちょうど良い重さであるという考え方を聞いたことがありますが、ちょうどそのくらいです。指の第1関節あたりでちゃんとつかめるので、安定して持ち続けることが出来ます。このまま卓球もできそうです。

IMGP5258

起動中の画面。最初に、何かの初期化処理をするようで、進行中のインジケーターと共に、2分弱待たされました。

IMGP5262

起動後。まずはWiFi設定とのことです。WiFiモデルの場合は、ここで設定しないと、この後の通信等は問題なのでしょうが、今回はWifi+3Gモデルでして、3G回線が使えますので、とりあえず飛ばします。

上でも書きましたが、WiFi+3Gモデルなので、3Gの受信感度も画面右上に表示されています。ちなみに、このKindle Paperwhite のWiFi+3Gモデルは、iPadやNexusの3Gモデルと異なり、この3G回線の利用料も初期の本体代に含まれておりまして、携帯キャリア会社との契約は必要ありません。もちろん、月々の通信費もかかりません。あくまで書籍をダウンロードするためのものではありますが・・。

IMGP5264

amazonアカウントの確認を聞いてきます。出荷状態で、既に自分のアカウントが設定されていますので、はいを押すのみ。

IMGP5265IMGP5266

今度はFacebookへの接続です。本や感想文を投稿できるとのこと。とりあえずつないでみましょう。ちなみにTwitterへも接続可能です。

IMGP5267

キーボードの打ちやすさ・打ちにくさは、まあまあといった感じです。大きさ的には1本指で打つことしかできません。キーピッチが広めな表示ですが、実はキーの周りでも結構反応してくれますので、移動中とかの不安定な場所で打っても、それなりに入力できそうです。感度は悪くなく、押したのに反応してくれないようなイライラ感は、とりあえずなさそうです。押すと一瞬遅れてキーの表示が反転され、文字が入力されますが、画面が付いてこなくても押したキーはきちんと拾ってくれているので、パシパシパシと連続で打っていっても、ストレスなく一連の文字列が打てます。これは良いですね。

IMGP5268IMGP5273IMGP5271IMGP5274

ようやく設定完了です。ホーム画面へ移りますが、最近のアプリではおなじみの、初回起動時のライブトレーニングが連続で表示されます。画面の案内に従って、一連の操作をロールプレイするような形で、各機能の解説と操作を進めていきます。

IMGP5276辞書内蔵はうれしいですね。英和もあるのかな。

IMGP5277シェアが、先ほどのFacebook等の連携の機能でしょうか。

IMGP5279本の購入はカートアイコンから。

IMGP5280ようやく完了。10画面超はちょっと冗長かも。

というわけでホーム画面です。購入した本が並ぶくらいの、すっきりした画面。当然、アプリ等はありません。

IMGP5281

ちょっと本を探してみましょう。

IMGP5284

こんな感じで、ジャンルを深掘りしていきます。

IMGP5285

一覧画面では、画面をスワイプ(指を滑らせる)することでスクロール可能ですので、スムーズではありませんが、操作感覚はスマートフォンに近いです。とはいえ、うーん、ちょっと18000タイトルをスクロールして探すのは無茶ではないでしょうか。絞り込みもありますが、発売日やレビューの星数など、ちょっと現実的には使えなさそうです。

IMGP5286

仕方ないので、検索をしてみましょう。右上の検索ボックスをタップすればキーボードが現れるので、書名を入れてみます。漢字変換はあまりかしこくなく、単語単位でしか変換できません。連文節を入れても、ひらがなのみになってしまいます。とはいえ、単語をいくつか入れると、書名を自動補完してくれますので、全部を入れる必要はなさそうです。ただこれは、書名次第のようですね。出るものと出ないものがあります。

IMGP5289

とりあえず購入は後にして、本を見てみましょう。標準で説明書が入っているので、それを開きます。ホーム画面から本をタップすると5秒ほど待たされて本が開きます。これは目次画面。ここから各ページに飛べます。

IMGP5290

通常の読書画面。ヘッダー部分とかは消え、本の中身だけの表示になります。画面をスワイプまたは画面端をタップするとページが送られます。

IMGP5288画面上部をタップすると、メニューが開きます。

IMGP5290文字種の切り替え。自分はゴシックの方が読みやすく感じます。

IMGP5291文字を一番小さくしたところ。これでも問題なさそうです。

IMGP5292文字を一番大きくしたところ。何かの視力テストのようです。

 

IMGP5294

ちなみに、アプリ機能はありませんが、ホーム画面からブラウザを起動できます。

IMGP5295

でも残念ながら、WiFi環境下でしかブラウザの通信は出来ないようです。さすがに月額無料の3Gモバイルブラウザ環境は都合がよすぎますかね。外では素直にタブレットを使いましょう。

IMGP5293

最後に、楽天のKoboと並べてみたところ。微妙に縦幅も横幅も異なりますが、ほぼ同じ。デザインの方向性は、全体的に大きく異なりますね。

 

まだ電車の中とかでは試していませんので、とりあえず以上です。
当座のおもちゃとしては、色々と遊べそうです。

カテゴリー:デバイス タグ:

Halo 4 で遊ぶ

2012年11月16日 コメントを残す

 

11月8日、いよいよ日本でも『Halo4』が発売されました。世界的人気のHALOシリーズにとって、『Halo3』以来5年振りの作品となる本作品は、シリーズ本編の4作目にして、新三部作『リクレイマー・トリロジー』の序章となることが発表されているものです。

キャッチコピーは『An Ancient Evil Awakens(いにしえの悪が目覚める)』。イギリスでは夜空をEvilが横切るというPRを行い話題となりましたが、日本国内では11月7日にベルサール秋葉原で前夜祭が開催され、発売を待ち望む多数のファンが詰めかけていたのも記憶に新しいです。

http://www.narinari.com/Nd/20121119624.html

 

以下、ゲームプレイについての感想です。基本的に『カバー(遮断物に隠れる)・撃つ・武器を拾っていく』の各アクションを行いながら、広大なマップを駆け巡り、キャンペーンを進めていく、FPSとしてはごくシンプルな構成です。第一印象として、画面やコントローラー越しにも伝わってくる『生身』とも言うべき感覚がとても強く感じられました。ここはぜひ多くの方に、実際にプレイして体感していただきたい点ですが、『引き金を引く』動作から、反動やヒットした時の手ごたえが艶めかしいくらいに伝わってきます。その生々しさには思わず驚きの声を上げてしまうほどです。

グラフィックとしては『Haloらしさ』を正統進化させたリアルさです(実写に近いかというと、そうではなくて、あくまでHaloの世界観のリアルです)。映画のような臨場感があり、手触りや息遣いまでも感じられます。難易度調整は非常によく出来ており、FPS未プレイであってもビギナー設定であれば普通に遊べますし、腕に覚えのあるプレイヤーでも、レジェンドでは多少苦労するくらいに設定されています。

また、キャンペーンの途中で倒れてしまったとしても、チェックポイントからのリスタート時に、FPSでありがちなロードを挟まないため、不要なストレスを感じずにゲームプレイに没頭できるのが、久しぶりに新鮮に感じました。ノンストレスなゲームプレイのための細かな配慮、チューニングが随所に施されていますし、FPSが苦手で避けていたプレイヤーでも十分に遊べるだけの難易度調整がされています。こういう感覚って、重要ですね。

誰でも、まずは一度遊んでみることをお勧めできます。

カテゴリー:Game, Microsoft タグ:

FORZA HORIZONで遊ぶ

2012年11月2日 コメントを残す

 

FORZAは、XBOX360で人気の、カーレースゲームのシリーズです。少なくとも前作の4まではそうでした。しかし、今回のFORZA HORIZONは、レース場の枠を外れて、街中を自由に走り回れるというような、まったくの別物なゲームになっています。そういった意味で、FORZAの通常のナンバリングシリーズから外れているのかと思いますが、今回はこの、カーレースゲームと言いますか、カーアクションゲームであるFORZA HORIZONを遊んでみましたので、それについてつらつら書いてみたいと思います。

 

まず、FORZAシリーズを知らない人のためにちょっと解説です。

FORZAはもともと正統派カーレースゲームあるいはカーシミュレーションゲームで、車を選んで、コースを選んで、そこでレースをすることがきるというようなゲームです。それだけですと非常に単純ではありますが、このゲームの特徴は、実際の自動車から取得したデータを元にクルマの挙動を物理演算してくれて、非常にリアルな動きと、これまた車に加えて背景や路面など、非常に秀麗なグラフィックで見せてくれる、そんなゲームです。実写ではないかと思えるような映像ですので、自分のプレイ後のリプレイ動画を見ているだけで、クルマ好きなら結構楽しめます。

XBOX360では1から始まり、前作4が出たのがちょうど一年前くらいです。バージョンが上がるにつれて、クルマの種類やコースも変化してきましたが、適切なライン取りを教えてくれるガイド等、機能の進化や、グラフィックや挙動の更なるリアルさも、次々とパワーアップしてきました。

 

と、そこまではカーシミュレーションゲームとしての正常進化なのですが、今回のFORZA HORIZONずいぶんと違うゲームになってきました。街や山全体を、自由に走り回ることが出来るようになり、もはやカーレースゲームではなくなってしましました。実際、プレイしていると、路上には他のクルマが走っていますし、信号もあります。慣れないうちは、ごつごつと他のクルマに体当たりをかましてしまいました。フェラーリで。

イメージとしては、やはりこの手のゲームでおなじみのグランドセフトオートがあります。街中や郊外を、自分の気の済むまで、遠くへ延々と走っていくことが出来るのは、なんだかこの手のゲームとして、非常に新鮮な気がします。何よりも、GTAと異なり、FORZA HORIZONでは、特にミッション等を気にすることなく、ただ黙々とドライビングだけを楽しむゲームです。とはいえ、当然街中を走り回るわけですので、道路からちょっとコースアウトすれば、標識に突っ込んだり、芝生の上を走り回ったり、柵や壁を打ち壊したりと、やりたい放題することもできます。実際、無駄に高性能な車を選んでいると、街中でしょっちゅうモノにぶつかります。自分の運転していたSLS AMGは、かなりぼこぼこな感じになりました・・。

ゲームのルールは変わったものの、大元のゲームシステム、ドライブ等の操作感覚は同じように楽しめます。そしてなんといっても、このFORZAのエンジンと言いますか、物理演算とグラフィックの表現がさらに生かされて、様々な場所で車を止めたくなります。あまりやりこむゲームというよりは、適当にお気に入りのクルマを選んで、流すようにしていろいろ走り回るのが、クルマ好き、ドライブ好きな方としては、まっとうな楽しみ方かと思います。

 

クルマ好きならぜひ、なのですが、FORZA 4と異なり、高性能な車が好きというより、単にドライブが好きな人でも十分に楽しめるかと思います。ちょっとした観光気分でドライブしている気分をのんびり(あるいは過激に)楽しむ、そんなゲームです。

カテゴリー:Game タグ:

Dance Central 3 で遊ぶ

2012年11月1日 コメントを残す

 

Dance Central 3はXBOX360およびKinect専用のゲームです。Kinectが登場してからかれこれ3作目ということで、今回も新たな曲の追加に加え、ゲームシステムがさらに洗練されています。

http://marketplace.xbox.com/ja-JP/Product/Dance-Central-3/66acd000-77fe-1000-9115-d802373307d9

Dance Centralシリーズは、1、2,3のそれぞれ毎に新たな曲が収録されています。その曲も、最新のものだけでなく、70年代、80年代、90年代と程よいバラツキ具合で、個人的にはどうしても80年代、90年代が気になってしまうところです。なお、このDance Central 3に対して、以前のバージョンのゲームディスクがあれば、それらの楽曲も取り込むことが出来ますので、一度取り込んでしまえば、実に150曲近くの楽曲を選んで、ダンスを楽しむことが出来ます。

せっかくですので、今回の曲も含めた、全シリーズの曲一覧は下記の通り。

image

 

今回の曲として、自分は高校時代に流行っていたなーというようなSamba De Janeiroがツボにはまり、久しぶりにトレーニングモードでフリを一生懸命覚え、どうにかおどれるようにはなりました。とはいっても非常に激しい曲ですので、そのあとの肩や腰の筋肉痛が大変なことになりましたが・・

うちの妻はというと、いかにもな最近の曲ですが、Maroon 5の Moves Like Jaggerを一生懸命踊っていました。

 

トレーニングモードがさらに使いやすくなったため、振りを覚えやすくなったのが、大きな特徴です。以前は、パートごとに区切った振りを繰り返し練習させられるだけで、それなりに覚えられはしたのですが、その一方で何回やってもよくわからない動きに関しては、なかなか理解しにくく、難しいところがありました。Dance Central 3ではさらにここの操作性が進化しまして、声でしゃべることで、スピードを変えたり繰り返してみたり、あるいは自分の動きを映像にしてくれたりを、曲を中断することなく、リズムに乗ったままシームレスに行えます。曲に集中しながら、気になるポイントだけを練習することが出来ます。Kinectは、単にモーション(動き)を入力するだけでなく、カメラも、指向性の高いマイクも内蔵されていますので、こういう操作感覚は、さすがですね。

また、パーティモードやダンスバトルなどが搭載されているようですが、こちらはまだ試せていません。自分はたいてい、休日の夜にお酒を飲みながら妻と踊っておりますが、年末に友達が集まるなら、このパーティモードもありですかね。振りが易しめなビギナーモードもありますので、初めて踊る人でも、それなりに楽しく遊べちゃうのも魅力かと思います。

Kinectを持っているなら、オススメです。

カテゴリー:Game タグ:

Disneyland Adventures で遊ぶ

2011年12月20日 コメントを残す

 

Kinectディズニーランド アドベンチャーズは、Kinect専用のゲームです。3Dで描かれたディズニーランドの中を歩き回りながら、様々なキャラクターとコミュニケーションを取ったり、アトラクションで遊ぶことができます。

「ディズニーの世界で」ではなく、「ディズニーランドの世界で」というのが面白いと感じました。自分自身は少年(または少女)のアバターになって、結構細かに描写されたディズニーランドの中を走り回れます。もちろん、周りには大勢の他のお客さんもいて、その中をかき分けながら、自分のお気に入りのキャラクターを探します。キャラクターは、ディズニーでおなじみのミッキーやドナルド、スティッチやバズ・ライトイヤーもいます。彼らは園内のどこかでお客さんにいろいろ話しかけているので、遠くからでも声が聞こえてきてすぐに分かります。

キャラクターとは、ジェスチャーでいろいろやり取りすることができます。サインをもらったり、一緒にダンスをしたり、ハグしたりと、気恥ずかしいながらも、童心に帰れば、なかなか楽しむことができます。

また、キャラクターや、そのアトラクションの周りに、そのキャラクターの世界に入り込むトンネルが開くことがあります。そのトンネルに入ることで、その世界の中で楽しむ、様々なミニゲームがプレイできます。これもまた、ミニゲームごとにKinectで色々な操作が求められますので、これらを進めていくだけでも、結構楽しめます。

完全にお子様向けな感じですので、難しい部分はありませんが、3Dの世界を歩き回ったりするのも含めて、すべてコントローラーではなくKinectのジェスチャーで行うので、慣れてしまうまではなかなか自由に動けないかもしれません。自分のアバターはなぜか、ずっと左を向いたままになってしまいました・・。

ディズニー好きにはたまらないことでしょう。自分よりも、甥や姪にやらせて反応を見てみたいです。

WP_000040[1]

なお、今回のこのレビューに関しましては、Microsoft MVP 向け “ディズニーランド・アドベンチャーズ” レビュー キャンペーンに参加させていただきました上で、本ソフトのレビューを行っています。最近、ゲームのことばかりしか書いておりませんでしたが、一応、開発者です。で、MicrosoftからMicrosoft MVP for Expression Blendのアワードをいただいております・・。

カテゴリー:Game タグ: ,

Halo Aniversaryで遊ぶ

2011年12月1日 コメントを残す

 

Haloは、3D視点のアクションシューティングゲームで、いわゆるFPSと呼ばれるタイプのものです。そのXBox 360 最新版のHalo: Combat Evolved Anniversaryについて、プレイしたレビューを書いていきます。

Halo: Combat Evolved Anniversaryは、初代Halo発売10周年を記念してのリメイク版です。そもそもHaloというのは、FPSの王道のようなゲームですが、本作も、リメイクとはいえあまり余計なシステムを加えず、武器を拾ってマップを駆け回り、敵と撃ちあうという、何ともシンプルなシステムです。

もちろん、ストーリーモードもありますので、大勢のネットワーク越しメンバーで楽しむだけでなく、一人で黙々と進めることもできます。操作に慣れない場合は、むしろ、最初はストーリーモードで練習せざるを得ないでしょう。

ただ、やはりメインはネットワーク越しにシューティングを楽しむ、マルチプレイヤーモードに感じます。通常のスコア対戦だけでなく、キャプチャーザフラッグ等のルール対戦など、基本をしっかり押さえており、DoomやUnreal、Quakeなど、ネットワークFPS黄金時代を築いたあれらのゲームのそのままの雰囲気を現代に持ってきたような、色々新しくはなっているが、どこかレトロな感じも感じさせます。

グラフィックとしては、3Dの描写も細かく、綺麗ではあるものの、例えばGears Of Warシリーズのような精緻に作り込まれたリアルを目指しているというよりは、ギラギラした金属や派手な爆発、カラフルな光物の表現など、よりデフォルメされたような絵作りです。漫画やアニメのような表現、というのが近いでしょうか。もちろん、画質自体は高いですが、見方によってはのっぺり見えるかもしれません。

ちょっとアメコミSFな色が強く、また今どきのストーリー等を細かく練り込んだゲームからすると、非常に安直な感もしますが、ネットワークFPSにはまり込んだ経験のある方には、オススメです。没頭して黙々とシューティングを楽しめるかと思います。

カテゴリー:Game タグ: