ホーム > Microsoft > Windows 8 : Windows 8 スタイルアプリケーション

Windows 8 : Windows 8 スタイルアプリケーション

 

前回は画面デザインについて、Windows 8 スタイルを中心に解説いたしました。とはいっても、もちろん Windows 8 にはタッチ専用画面だけでなく、従来のデスクトップ画面も搭載されています。今回は、この対比で見ていってみましょう。前回ので反省しまして、専門用語を極力挟まない形で行きます。

 

Windows 8 スタイル画面

前回もご紹介しましたスタート画面は Windows 8 スタイルの画面です。ここから起動する Windows 8 スタイルアプリケーションは、タッチ操作専用に作られたアプリケーションです。標準搭載されているアプリケーションで、これらのアプリケーションを見て行ってみましょう。

WS000024

アプリケーションを起動すると、まずはスプラッシュスクリーンが表示されます。このあたりは、スマートフォンやタブレット向けなど、最近のアプリケーションでもおなじみですね。

WS000025

アプリケーションの画面は様々な形で作られていますが、代表的なのはこの、スタート画面と同じタイルを使用した画面です。これは Windows 8 向けのアプリケーションを入手することのできるストアアプリですが、スタート画面で同じ操作感覚で、アプリケーションを探したり、購入したりできます。

従来のウインドウモデルと比べると、まず気になるのが、「ウインドウ枠はないの?どうやってアプリを切り替えるの?」「メニューがないよ。どうやって各種機能を操作するの?」という辺りでしょうか。それぞれ解説します。

ウインドウ枠

Windows 8 はマルチタスクで複数のアプリケーションを立ち上げておくことはできますが、同時にいくつも重ねて置いて操作できるわけではありません。基本的には1アプリケーションが画面内に大きく表示され、他のアプリケーションへは自由に行き来というより、その全画面表示をスイッチして利用します。これも今どきのコンピューティングの考え方ですが、 Windows 8 スタイルのアプリケーションでは「没入感」を重視しています。これは何なのかと言いますと、いくつもウインドウを散らしたりするのではなく、特定のアプリケーションに集中させ、そのアプリケーションで今まさに作業している内容に「没入させる」というものです。

そもそも、広いデスクトップに多数のウインドウを並べて・・というのとは異なり、ノートパソコンや、タブレットデバイスなどでは、同時に複数のアプリケーションを起動したとしても、一度に使うのは一つです。だったら、同時に一つだけにしてしまい、狭い画面サイズでも、そのアプリケーションで効率よく利用できるようにしようという考え方です。この考え方によって、そもそもウインドウの枠やアプリケーションバー、ファイルメニューなど、普段は使用しないものを極力排除するようになっているのです。

これらアプリケーションの切り替えは、従来通りのAlt+Tabや、ウインドウズボタンで行うことが出来ますが、画面左辺を外から内にスワイプすることでも、アプリケーションを切り替えることが出来ます。繰り返すことで、順々に起動中のアプリケーションが切り替えられます。

WS000036

そうはいっても何か作業しながらメールのチェック一覧を出しておきたい、などのように、どうしても複数のアプリケーションを立ち上げておきたい場合があります。そういう場合のために、同じ画面内に2アプリケーションまで、決められたレイアウトで並べて利用することが出来るようになっています。また、この2画面は、例えば片方だけをデスクトップ画面を表示させることもできますので、タッチ・マウス両方併用する場合には、この2画面同時が便利かもしれません。

 

メニュー類

では、アプリケーション内のファイルメニューはどこに行ってしまったのでしょうか。実は、 Windows 8 ではこれらメニューの呼び出しを、画面外からのスワイプで行います。また、メニューの種類によって、そのスワイプする箇所が違います。考え方自体は、アプリケーションや Windows 8 全体を通して共通ですので、覚えてしまいましょう。

画面上辺または下辺からのスワイプは、そのアプリケーションのメニューを呼び出します。メニューは、表示される場所によって意味合いが異なります。

スクリーンショット (2)

画面上部に表示されるものは、比較的上位概念部分のメニューになります。 例えば、 Windows 8 スタイルのIEでは、ブラウザタブの切替や追加・削除は、上辺からスワイプして出てくるメニューで行います。画面上辺で、指を外から内に滑らせると、にょっとメニューが出てきますので、このメニュー内で、タブの操作を行うわけです。このように、そのアプリケーションで表示するものや、対象とするものそのものを選択したりするときに使うのが、上部からのスワイプになります。ファイルメニュー的にいえば、[ファイル]や[ウインドウ]、[表示]などに収められていたものに近いでしょう。

対して、画面下部に表示されるものは、今現在そのアプリケーションやその画面でターゲットとしているものに対するアクションとなります。IEでは、戻るボタンやリロード、アドレスなどが表示されています。これらは、アプリケーションによって千差万別です。これもファイルメニュー的にいえば[編集]や[ツール]に収められていたものに近いでしょう。

なお、IEでは、これらメニューを呼び出しているとき以外は、アドレス表示すら画面内に出てきません。これも、前述の没入感のためです。また、この画面上辺からのスワイプは、アプリケーションの上位概念と書きましたが、アプリケーションの終了にもつながっています。上辺から長めにスワイプすると、アプリケーション画面が折りたたまれて指についてきて、画面下部まで持ってくると、そのアプリケーションが終了されます。この操作も、 Windows 8 スタイルアプリケーションで共通です。

スクリーンショット (3)

画面右辺からのスワイプはアプリケーションに関わらず、システムの設定項目を呼び出します。設定や、以前のOSであれば通知領域に表示されていたような項目を選択するときに使用します。ここからWifiの切り替えやコントロールパネルのような細かな設定、ログオフ等のアクションも可能です。

スクリーンショット (4)

また、同時に1アプリケーションと書きましたが、ドラッグアンドドロップのように、アプリケーション間で何らかのファイルや情報を共有したい場合もあるかと思います。その際には、この右辺から呼び出されるメニューの「共有」を利用します。共有を選択すると、現在のそのアプリケーションから共有可能なアクションと、共有先のアプリケーションの選択肢が表示されますので、対象としたいアプリケーションを選択すると、そのアプリケーションが立ち上がり、情報が引き継がれます。

 

スクリーンショット (6)

 

 

マウス操作とデスクトップ

世の中のすべてのパソコンが Windows 8 用のタッチ対応に差し替わるわけでもありませんし、古い機体に Windows 8 を乗せられないわけでもありません。というわけで、従来のマウス、キーボードで操作することもできるようになっています。

WS000020

違いを見てみましょう。上の画面の下部を見てください。マウスを接続すると、このように横方向のスクロールバーが出てきます。このスクロールバーで、横方向にスタート画面内をスクロールさせます。各アプリケーションの起動は、そのまま各タイルをクリックするだけです。

このタイル内に「デスクトップ」という項目があります。上の画面では、左下のタイルに相当します。これをクリックすると、このスタート画面からデスクトップ画面へと切り替えることが出来ます。画面の切り替えは、何かアプリケーションやシミュレーターを介して行われるわけではないので、画面は一瞬で切り替わります。

WS000027

デスクトップ画面は、従来のWindowsではおなじみの、デスクトップ領域とタスクバーがあって、アプリケーションをウインドウで操作する画面です。基本的なデスクトップとしての機能は Windows 7 とほとんど変わっていませんので、ここでは割愛しますが、一つ大きなポイントとして、これまでおなじみだったスタートボタンが廃止されています。スタートボタンを押して出てくるスタートメニューの代わりに追加されたのがあの Windows 8 スタイルのスタート画面ですので、スタートボタンは無くても、あの画面を呼び出すことがスタートメニューを呼び出すことになります。

その操作は、画面の左下にマウスカーソルを持ってくるだけです。そうすると、その左下部分にスタート画面呼び出しを示す枠が出ますので、もう一度クリックしましょう。これで、スタート画面へ戻ることが出来ます。タッチで操作する場合には、画面の左下の角を、外側から内側に指で滑らす(スワイプする)と、同じようにスタート画面を呼び出すことが出来ます。

WS000034

なお、スタート画面からデスクトップ画面を開くときに、先ほどは「デスクトップ」タイルを選択しましたが、この画面左下を使った操作(タッチなら左下角を外から内へ滑らす、マウスなら左下隅をクリック)は、デスクトップ画面とスタート画面を行き来するのに使う操作です。慣れてきますと、スタート画面のタイルを使うより、この操作の方が使いやすいでしょう。

また、デスクトップ画面では、スタート画面で使うような「画面上部辺を外から内へスワイプ」「画面左辺を外から内へスワイプ」「画面下辺を外から内へスワイプ」も同様に使うことが出来ます。「画面上部辺を外から内へスワイプ」に関しては、デスクトップを終了するという点で、前述の左下角同様、スタート画面へ戻ることが出来ます。

 

そういえば、という感じでタッチ操作そのものの解説をしていなかったので、今回の紹介はスワイプでちょっと説明が冗長でした。順番が逆になってしまいますが、次回はこのタッチ操作そのものについて、解説したいと思います。

カテゴリー:Microsoft タグ: ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。