ホーム > ゲーム, Game, Microsoft > NIKE+ KINECT TRAINING で遊ぶ。

NIKE+ KINECT TRAINING で遊ぶ。

 

NIKE+ KINECT TRAININGは、XBOX360のKinectを利用して、体の動きを細かく計測しながらトレーニングを継続するというゲームトレーニンググッズです。今回はこのストイックなソフトで遊びましたので、まだトレーニング効果は出ていないところではありますが、レポートいたします。

 

NIKE+ KINECT TRAININGでは、パーソナルトレーナーが自分に合わせてトレーニング内容を組立て、トレーニングをサポートしてくれます。トレーナーは男性・女性の二名から選ぶことが出来ます。自分はとりあえず女性のマリー・パーヴィスさんをご指名しました。たまに映像でも出てきてくれるようですが、3Dの彼女は微妙な感じです。でもすぐに気にならなくなりました。トレーニングが始まるといちいち顔なんか見ている余裕はなく。

パーソナルトレーナーを選ぶと、まずは自分の運動能力の計測です。このトレーニングでは、NIKEではおなじみのNIKEFUELという、独自の運動量指標をもって、運動能力を計測してくれます。それには、体の柔軟性や関節の可動域に関する指標と、瞬発力や筋肉量に関する指標の2種類があります。それらをそれぞれ計測するために、10種類くらいのエクササイズを通してやらされます。

計測やトレーニングの中では、画面上にトレーナーが表示され、自分の立体的なシルエットがその隣に表示されますので、同じ動きをまねしてやっていきます。関節の位置やひねり方、足の上げ方が足りないと容赦なく指摘が入りますが、正しい姿勢でトレーニングできるという点で、非常によくできています。例えばスクワットや腕立て伏せ、腿あげスプリントなど、姿勢をきちんと正されながら、それぞれは短時間あるいは決められた回数を、規則正しく繰り返していきます。きちんとやってみると、それだけの回数でもかなり体に来ている、つまり効果が出ているのが実感できます。

Kinectをジェスチャー操作の手段ではなく、こういったフィットネスの手段として利用しているソフトとしては、ユアシェイプフィットネスというシリーズが既にありますが、あちらがどちらかというとあくまで「楽しく」フィットネスするのに対して、NIKE+の方は、はっきり言ってストイックです。ゲームとしての楽しみのようなものは全くなく、真剣に、日々繰り返してトレーニングするためのツールと考える方が近いです。インストラクターが登場するようなトレーニングDVD等のような商品も世の中にはありますが、あれをより実践的に、個人の状態に合わせてプログラムをカスタマイズしてくれながら、効率的にトレーニングを継続させられるようになっています。

自分の計測データを基に、脂肪燃焼をしたいのか、積極的に筋肉をつけたいのかなどを選ぶと、それに応じてカスタムしたトレーニングメニューを組んでくれます。「そんなに厳しくなくても良いのだけれど・・」と思いますが、このトレーニングを4週間一ヵ月続けることで、効果が実感できる・・と言っています。まだそこまでできていないので、実際、そこまで効果が出るのかわかりませんが、けっこうちゃんとした内容です。

毎週決まった曜日にできるように、予定の曜日も聞いてきます。もし出来なくても、違う日にその分出来るとのこと。うん、なんだか追い込まれている気がします。

 

まだ自分は基礎的なトレーニングを始めたばかりですが、きちんとトレーナーをつけてやったこともなく、自分の弱いところをきちんとフォローしてくれるようになってくれているようで、確実に体には効いているようです。NIKE+ KINECT TRAININGを始めてから、ずっとふくらはぎが筋肉痛です。

 

KINECTでせっかくだから遊ぶだけじゃなく、まじめに使いたい、という方にはお勧めです。でも根性が必要です。

カテゴリー:ゲーム, Game, Microsoft タグ:
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。