アーカイブ

2011 年 6 月 のアーカイブ

Dance Centralで遊ぶ

2011年6月15日 コメントをどうぞ

 

Dance Centralは、Kinectのジェスチャーを使ってダンスを楽しむゲームです。他のKinectのゲームと異なり、体の一部のジェスチャーを使うのではなく、全身をまるごと使って、そのまま「ダンス」して遊びます。発売からはちょっと日が経ってしまいましたが、今回はこのDance Centralの感想などをつらつらと書いていこうと思います。

 Dance Central

 

さて、まず最初に、いきなり別タイトルの話題ですが、国内では、Kinectを使ったこのタイプのいわゆる「ダンスゲーム」では、Dance Evolutionというコナミのゲームが先んじて(Kinect本体のリリース直後くらいに)リリースされていました。Dance Evolutionは、10年ほど前にゲーセンで大ヒットしたDance Maniaシリーズの延長線上にあるゲームです。Dance Maniaが足のステップだけで操作していたのに対し、Dance Evolutionでは、画面で踊るキャラクターと同じように踊ることで、その動きをジェスチャーとしてKinectが取り込んで、その優劣を判定してくれるゲームです。曲目も、ユーロビートからパラパラまで、往年のDance Maniaシリーズでおなじみの曲も数多く収録されております。そして、自分も散々、やりこみました。

 

本題に戻ります。この「Kinectで踊る」という点においては、今回のDance Centralも、Dance Evolutionも同様です。ただ、ゲーム自体の目指している方向性が、大きく異なります。まず、このDance Central、ゲームと呼ぶかどうかが微妙です。といいますのも、冒頭で「ダンスを楽しむ」と書きましたが、あまりゲーム性にこだわって遊ぶよりは、むしろクラブのノリをそのまま家に持ち込んで、リビングで楽しんでしまおうというコンセプトに感じられます。実際、ある程度の評価はしてくれるのですが、失敗しようが何だろうが、途中で中断されることもなく、最後まで踊り切ることができます。Dance Evolutionでは、難易度は選べるものの、難しいモードで失敗が続けば、問答無用で途中打ち切りとなってしまいます。

Dance Central ゲーム中の画面

 

また、Dance Centralには練習モードというものがあり、これが非常に助かります。初めて踊る曲でも、練習モードを通して進めることで、ダンスの振りつけごとに解説してくれ、同じ箇所をリピートしながら、その動きを覚えることができます。部分部分の振り付けを覚えたら、それをつなげてちょっと通してやってみて、それができるようになったら次のパートに進み・・というようにガイドしてくれますので、1曲の振り付けを覚えるのが苦ではありません。もちろん、全部の振り付けをある程度覚えたら、練習モードではなく実際のダンスモードで、1曲通してやってみることになります。余談ですが、前述のDance Evolutionでは、練習モードがないのでいきなり通しでやってみるしかなく、わからないなりに見よう見まねでやって、何とかついていくしかないので、最初はなかなか思うように楽しめませんでした。

練習モード

 

一人で黙々とやるよりも、友達と、それもお酒でも飲みながら楽しめるゲームかと思います。初めての人でも練習モードを一度通しでやってみれば、もう踊れるようになるかと思います。好みの分かれるジャンルかとは思いますが、もしKinectを既に持っているなら、断然オススメしたいゲームです。

広告
カテゴリー: Game タグ: ,

ファイターズアンケージで遊ぶ

 

ファイターズアンケージは、Kinect初の格闘ゲームです。もちろん、Kinectのジェスチャーを使って、自分の動きで戦います。今回は、このファイターズアンケージを紹介します。

 ファイターズ・アンケージ

 

ファイターズアンケージは、いわゆる「ケンカ」を舞台とした格闘ゲームです。Kinectのジェスチャー機能を使って、パンチやキック、頭突きなど、様々な攻撃を行います。とはいっても、これがなかなか単純ではありません。同じパンチでも、ジャブからフック、アッパーなど、きちんとこちらの動きを忠実に画面に伝えてくれます。自分の動きにブレがあると、なかなか思ったような攻撃ができませんが、Kinectのセンサーはよく見てるなーとも感じます。もちろん、パンチだけでなく、キックもバリエーションが色々とあり、回し蹴りのような大技も出せます。最も、これはさすがにKinectの前で回るわけではありませんが・・。

ゲーム画面は、プレイヤー本人の視点で描かれた3Dで、目の前に敵が出てきます。その敵に向かってパンチ、キックを出しますので、きちんと技が決まっていくと、非常に爽快でもあります。また、ついつい力がこもってしまいますので、熱中してしまうと、周囲は危険かもしれません。実際、自分は何度かローテーブルを蹴ってしまったり、部屋のライトを叩いてしまいました。他のKinectのゲーム以上に、前方の障害物を退けておくに越したことはありません。

また、このファイターズアンケージも、丁寧な練習モードがあります。ゲーム中に出せる技の種類は非常に多いのですが、スパーリングのコーチがついて、一つ一つの技を繰り返し練習させてくれますので、それらをひと通りこなすことで、ゲーム中も無理なく、多様な技を使いこなすことができるようになります。

Kinectのゲームの中でも、非常に素早い動きが多いのも特徴かと思います。それなりにプレイしていると、結構汗だらけになってしまいます。また、普段なかなかこういった動きはしないので、筋肉痛にも要注意です。
また、比較的黙々とやりこんでも楽しいゲームかと思います。「Kinectは面白そうだけど、ダンスとかパーティ系はちょっと・・」という方には、楽しめることでしょう。

カテゴリー: Game タグ: ,